スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルであまり見ないがローテではそこそこ見る変化技

PT構築で重要となる技が多いです。補助技ひとつで戦況がかわるローテにおいて大事な技たち。
青い文字になってるポケモンはほぼ確実に持っていると思ったほうがいいポケモンです。
ラティアスは色々できすぎてよくわからないのでスルーしてます・・


【おいかぜ】
4ターンの間味方全体のすばやさを倍にする技。使用ターンを含むので実質3ターン。
シングルでみないこともない技だが、ローテではPTの軸となる技で明らかに数が多い。
シングルと違い、追い風発動の次のターンにアタッカーが動ける上、積み技との相性も良し。
追い風とドラゴンタイプ(主にガブリアス)を組み合わせて相手を倒す戦術を風竜ともいうほどメジャーな技。

よく使ってくるポケモン:トルネロス スイクン エルフーン ラティアス ヤミカラス サンダーetc..

【トリックルーム】

5ターンの間すばやさが遅い順に行動できるようになる技。強制後攻で更に使ったターンを含むので実質4ターン。
こちらもシングルでたまーに見る技。追い風同様PTの軸になるほか、
相手の追い風を防いだりトリックルームを解除したり麻痺したポケモンを動かせるようにしたりと汎用性が高い技。
1体は使えるポケモンが欲しい。ローテではシングルと違い、使った次のターンにアタッカーが動ける。
優先度はマイナスで死に際に打てるポケモンがいないことは注意。

よく使ってくるポケモン:ブルンゲル ドータクン サマヨール クレセリア シャンデラetc..

【ねがいごと】
使ったターンの次のターンの最後に味方のHPを回復する技。回復量は後述。
ローテではねがいごとのターンにまもるか相手を倒しさえすれば無償で回復できてしまう。
分かりやすいコンボといえばマルチスケイル復活、頑丈復活。いずれも相手に倒されないところまで回復する使い方。
第5世代から「ねがいごとを使ったポケモンの最大HPの半分」を回復するようになり、有用な使い手が限られて
しまうようになった。(前までは願い事を受けるポケモンの最大HPの半分)
ねがいごとラッキーというものも存在するらしいが正規品を持ってる人は何人いるのか…。詳しくは調べてね★

よく使ってくるポケモン:ママンボウ シャワーズ ラティアス etc..

【しんぴのまもり】

5ターンの間相手からの状態異常を受けつけなくなる技。
これは交代できないため解除できない混乱やどのルールでも強い眠りを主に防ぐもの。電磁波や鬼火対策にも。
スカーフを巻いて爆裂パンチを連打してくるカイリキーを安全に対処したりモロバレルのキノコのほうしを警戒して
入れられることが多い。どちらも無警戒だといいようにされてしまうのでそこそこ見る技。
ちなみに神秘で逆鱗の混乱を防げるのは第2世代だけなのでそのコンボは成立しない、といっておきます。

よく使ってくるポケモン:ドータクン ブルンゲル ラティアス エルフーンetc..

【いやしのすず・アロマセラピー】

自分、控えを含む味方全員の状態異常を回復する技。防音に効く点でアロマセラピーが上位互換。
上のしんぴのまもりとは状態異常対策という意味では同じだが使うべきタイミングは違う。
神秘ではすばやさの関係上状態異常を防ぎ切れなかったりするがこちらは後からの対処ができる。
またしんぴは無駄になるケースも多いがこちらはすでにかかっているときに使うので無駄はないといえる。
が、落とし穴がある。実は混乱を回復できない。なのでカイリキー対策にはなりえない。
使うまでは知らない人も多いと思うので注意。

よく使ってくるポケモン:ユクシー シャワーズ サンダース etc..

【ほろびのうた】

交代しない限り確実に3ターン後倒れてしまう技。1体でも倒されてしまうと交代ができないローテにおいて恐ろしい技。
使ったポケモンも3ターン後に倒れるとはいえ最低1体、最高3体まで歌を聞かせることができる。
積みポケモンや身代わりなどでターン稼ぎをするポケモン、耐久ポケモンには効果がバツグン。
反面生粋のアタッカーにあててしまうと厳しい局面になってしまう。どうでもいいが防音には効かない。
同時に3ターン目を迎えた場合、次のターン先に動ける方が先に倒れる。

よく使ってくるポケモン:ニョロトノ ヤミカラス ムウマ

【じゅうりょく】

5ターンの間命中率が5/3倍になり(命中60→100、50→約83)飛行タイプ・浮遊に地面技があたるようになる技。
もちろん前者の効果も大きいのだが、ローテで主に使われる理由は後者。
地面の耐性を浮遊、飛行だけでカバーしているPTは割と多く、落としてしまえば地面が一貫したりする。
重力下ではさいみんじゅつがキノコのほうしと化すのでそこにも注意。ヤドランは覚えない。許さない。
ちなみに重力下ではとびひざげりが使用できなくなったりする。

よく使ってくるポケモン:サマヨール ドータクン スターミー クレセリア ラッキーetc..

【にほんばれ・あまごい・すなあらし・あられ】
永続天候を塗り替える手段である天候技。効果は5ターン。
使い方といえば「相手の天候パ対策」「相手に天候をとられたときの保険」の2通りがある。
ローテでも雨・砂パは多くその対策として「にほんばれ」「あられ」を搭載、その対策に「あまごい」「すなあらし」を
入れるといったケースが多い。天候技は意外なポケモンが覚えたりするので天候パを使うときは注意したい。

よく使ってくるポケモン:
にほんばれ→エルフーン モロバレル スイクン ヌケニン シャワーズetc..
あまごい→ニョロトノ トルネロス モロバレルetc..
すなあらし→スイクン・・しか思いつかないです。誰か助けて。
あられ→ブルンゲル スイクン シャワーズ etc..
スポンサーサイト

シングルで使いやすいがローテで使いづらい特性

大前提:ローテでは、登場時に発動する特性は前衛に出さないと発動しない。(あめふらし、いかく、ダウンロードなどなど)

■いかく
上記の大前提の仕様によりいかくは1体目、4体目に選出することになるが
・相手の1体目が特殊orサポート特化ポケモン だと不発。
・1体目が倒されると強制的に4体目が出るため狙いのポケモンに入れづらい という弱点がある。
万が一もあるので相手に威嚇かも知れないポケモンがいるときは1体目に物理ポケを選出するのはやめておくべき。


■かげふみ ありじごく じりょく
交代そのものの回数が少ないローテではこの特性が持つ利点はあまりにも薄い。
更に前衛にいるときにしか発動しないので相当ピンポイントな特性となっている。


■しぜんかいふく さいせいりょく
交代により効果を発揮する特性です。が、シングルと違って交代すると相手に1ターンあげてしまう。
1/3回復や状態異常回復はおいしいのですがそのメリットよりも相手に1ターンあげるデメリットが
大きくなるケースが多いので扱いづらい特性となっている。
しぜんかいふくに関しては「いやしのすず」「しんぴのまもり」がメジャーな技であることも拍車をかけている。


■きゅうばん
シングルでは積み技、身代わり対策の「ほえる」「ふきとばし」等が搭載されることがままあり、
吹き飛ばされずに積めるという利点がある特性だが、ローテでは積み身代わり対策には
それらの技を使うことはほぼない。なので相対的に価値が下がっている特性。
それらの技が使われるような環境になれば使えるかもしれないがおそらくそんな環境はこない(多分


■トレース
トレースできた特性しだいで特定の相手を詰ませることも可能な強力な特性。
ローテ炎代表格のシャンデラヒードランいたずらごころなおっさんがターゲットとなるが、相手からすると
絶対に渡したくないので警戒して1体目に入れることはまずない。
なので使い方とすれば4体目において狙いの相手が前衛にいるときに交代する、という戦術になるが
1ターンをあげる、前3体の立ち回りがシビアになる(先に1匹でも倒されると失敗)、成功=勝ちじゃない割に
狙うのが難しい等の欠点が。上手く使えれば強力なのはかわりないので狙う方はご自由に。






シングルとローテでの使い勝手に大きく差がある特性をいくつか載せました。
この特性はどうなの?っていう質問は答えますが、シングルであまりみない特性はやめてほしいです。

ローテを始めるにあたって最低限知っておきたい仕様

色々書いてますが初心者の方は色付いてるとこ読むだけでいいです。


・ローテーションバトルは見せ合い6→4の試合形式である。先に選んだ3体を試合開始時に出し、
 1体目が前衛2・3体目が後衛に回る。4体目は控えとなり、交代先は4体目に限られる。



ローテーションバトルにおいて「ターン」は、前衛に出たときにのみ経過された扱いになる。
例1)レジギガスを後衛に5ターン置いてもスロースタートは解除されない。
例2)あられが降っていてもターン終了後ダメージを受けるのは前衛にいるポケモンのみ。


ローテーションバトルではローテーションしてもあらゆる効果を受け継ぐ。
交換すると消えるがローテーションでは受け継ぐもの:
 例)ステータス変化(積み技もそのまま)こだわりアイテムによるこだわり状態
   やどりぎのタネ、メロメロ、混乱、のろい、アンコール、ちょうはつ、みがわり、あくび状態、技による特性変化、
   技によるタイプ変化(ミラータイプ、みずびたし、テクスチャー)、ほろびのうた等。基本的になんでも受け継ぐ。


・ローテーションバトルでは場に出たときに発動する特性は前衛に出さないと効果が出ず、不発となる。
 いかく、トレース、ダウンロード、各種自動天候、おみとおし、よちむ これらの特性持ちは注意。


・ローテーションバトルでは2,3体目の風船の表記がなくなる。
 解説)風船も同じで、前衛に出せばしっかり表記されるが後衛にいても効果を発揮する。
     よって地面弱点のポケモンは極力2,3体目に選出し風船を匂わせるべきであり疑うべきである。
 補足)かたやぶり、ノーてんきも初手に後衛に出してエフェクト発動させなくても前衛に回すと効果を発揮する。
     ※しかしノーてんきは場全体にかかることはなくその特性の持ち主だけに影響する。



以上のことを知っていればある程度は混乱することなくローテを楽しむことができる・・・はず。

 おまけ:緊張感は後衛→前衛に回すとその瞬間エフェクトがでる。他にはスロースタート。
      上記のかたやぶり、ノーてんきは出ない。この差は一体なんなのでしょう?誰か情報ください><
プロフィール

あーさん@ 

Author:あーさん@ 
トゲキッスが一番好きです。でもニンフィアばっかり使ってます。使いたいポケモンが見つかったら潜るスタンスで色んなルールやってます。TNもあーさん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。