スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ローテーション】壁メガバンギニンフィア

壁メガバンギニンフィア
バンギラスバンギラスナイト勇敢 207(252)-237(252)-170-x-141(4)-68
bangi
すなおこしかみくだくいわなだれじしんのろい
鈍い1積み地震で207-130バンギラスが乱数(15/16)
いわなだれで183-115トゲキッス(珠バレパン耐え)が乱数12/16。砂ダメ込み確定。
ランドロスいのちのたま臆病 165(4)-130-110-167(252)-110-168(252)
randoros.png
ちからずくだいちのちからサイコキネシスヘドロウェーブじわれ 
だいちのちからで167-170ギルガルドを確定1
ヘドロウェーブで204-102マリルリが乱数(15/16)
ニンフィアこだわりメガネ控えめ 202(252)-76-105(156)-156(96)-151(4)-80 めざ炎個体
700.gif
フェアリースキンハイパーボイスシャドーボールめざめるパワー炎でんこうせっか
ハイパーボイスで204-102マリルリに75.0%~88.2%(腹太鼓出来ない)
ハッサムの珠バレットパンチを最高乱数以外耐え(≒メガクチートのじゃれつく耐え)
ラティオスゴツゴツメット臆病 159(28)-×-112(92)-167(132)-131(4)-178(252)
rathiosu.png
ふゆうりゅうのはどうサイコキネシスリフレクターしんぴのまもり
A146ファイアローの鉢巻ブレイブバード確定耐え
ゴツメダメージ+りゅうのはどうで無振りガブリアスが乱数(15/16)
クレセリアオボンのみ穏やか 227(252)-×-172(252)-95-166(4)-105
kureseria.png
ふゆうサイコキネシスリフレクターじゅうりょくトリックルーム
A182ガブリアスの剣舞珠逆鱗確定耐え
C222眼鏡ギルガルドのシャドーボール+天候ダメージ確定耐え
ヒードランふうせん臆病 171(36)-×-126-178(220)-126-141(252)
hidoran.png

もらいびかえんほうしゃラスターカノンだいちのちからちょうはつ
かえんほうしゃで157-115メガクチート確定1
A216メガバンギラスの竜舞ストーンエッジを最高乱数以外耐え

もう少しだけドット絵使わせてください
<全体解説> 
 特殊耐久がとても高いものの物理方面に弱点がよっているバンギラス、ニンフィアの2体をリフレクターサポートによって動きやすくしどちらかで制圧しようというパーティ。2匹とも素早さは低めなためトリックルームを使って詰めるのが基本。とりあえずシーズン2レートで1800は達成できました。最高レートは今のところ1810。

 積まなくても火力の出せるランドロス・ニンフィア・メガバンギラスの3体を軸に戦う。
攻撃面をフェアリータイプを中心に考えた場合、地面タイプや悪タイプとの相性が素晴らしいことに注目した。
(単タイプだけで見るとフェアリーを半減出来るタイプ=地面抜群。悪+フェアリーはクチートクレッフィ以外に等倍)

↓個別解説
m15.pngメガバンギラス
 パーティ唯一の物理枠のため特別な理由がない限り選出した。
リフレクターを盾に鈍いを積んだメガバンギラスは一致抜群物理と刺し違えるほどの硬さを誇り、更に攻撃面でも
地震でH振りバンギラスを落としたりと文句なしの火力を持つようになる。いわずもがなSを落としてトリル下で加速。
ダメージ計算中一般ポケモンにはない数値でワクワク感を感じれたので色々計算して確かめてみるのをオススメする。

 格闘技でなく地震を選んだ理由は主にフェアリーとの相性、クチートへの打点、ギルガルドのキングシールド対策である。
この構成のメガバンギラスを使い100戦以上したが、かみくだくにキングシールドを合わされてAダウンした試合は1試合のみだったため成功といえる。やはりギルガルドに接触技を打たざるを得ない状況は作りたくない。

 積まなくても強い積みポケであるため好みの性能を持っていたが、鈍いを積んだ状態のSは45になりローブシンやメガデンリュウと同速になってしまうのが本当に残念で仕方が無い。クチートやマリルリを抜けるだけありがたいと思うことにする。(その2匹を抜けなければそもそも鈍いは使わないが)

645.pngランドロス
 とても強いポケモン。特にありがたい長所をあげると
・ギルガルドを即処理できる ・ガルーラリザードン等を抜ける素早さ ・サザンドラの眼鏡あくのはどうを耐える
この3つがとても頼りになった。珠の恩恵を受けつつデメリットがないのはずるいの一言。

 後述のラティオスでも説明するがゴツメダメージ2回+珠だいちのちからで無振りガルーラを倒せるようになっておりガルーラの処理がとても楽になった。素のふいうち程度はもちろん余裕をもって耐える。

 本当は地割れなんて技を採用せずに珠ガブ並みの火力のいわなだれや、1積みでガルーラを倒せるようになる瞑想などを入れてみたかったが、今の環境は壁てんねんピクシーがとても多いため地割れを採用せざるを得なかった。(余談だが最初は雪崩をいれていて、ピクシーにボコられた試合の直後に変えた)

700.pngニンフィア
 素晴らしいポケモン。フェアリースキンにより実質珠+眼鏡。音技による身代わり貫通
特に身代わりを貫通する性能は低速パーティにとっての弱点である「早いポケモンのとりあえず置く身代わり」を許さないため重宝した。身代わりグライオンやボルトロスが大嫌いなため貫通して倒すのは爽快。

 H振りだけでも特殊耐久はとても高く、一致弱点技も威力が控えめなことから眼鏡持ち以外は耐える。
更にガッツリ物理耐久に振ってリフレクターサポートがなくても動けるようにした。ガルーラのおんがえしも耐える。
使い捨て感覚で使うこともあれば、詰めの駒に使うこともある。
 現在のサザンガルドのギルガルドは特殊が多いため1度択を外してももう一度動ける性能を持っているのがありがたい。自分でギルガルドを使うときはアイアンヘッドを採用したいと思える活躍っぷりを見せた。

 Cラインの最低はC145と個人的に思っているが(眼鏡なしorC下降時ガブリアス確定)、この構築は水に薄く
はらだいこを決められると一気に不利択になるため75%削れるC156を確保した。
 トリルから攻めることも多々あり最遅にすることも考えたがマリルリクチートとのS関係がハッキリしないこと、何よりもギルガルドと同速になる可能性が高いことを考えてSV無補正にした。余裕があれば少し振りたいくらいの気持ち。

 めざめるパワーは殆ど使うことがないので嫌いなポケモンに4倍つけるもので。めざパを切って数値を上げても良い。

 でんこうせっかは先制技があったほうが見栄えがいいので採用したが、150戦して1回も打っていないため、もしかしたら破壊光線のほうが良い可能性がある。どちらにせよ前に選出することが多いポケモンなので変わらないかもしれない。ちなみにこの配分の破壊光線でH振りメガガルーラを確定で飛ばせる。

両壁や瞑想願い事等も出来るポケモンなので違う形でもどんどん使っていきたい。

381.pngラティオス
 この構築の選出率ワースト1位。そして一風変わった持ち物となっているポケモン。

 基本選出に入っていないため選出機会は少ないが選出した試合の殆どで堅実な活躍を見せてくれるゴツメラティオス。具体的な仮想敵はガルーラ、ガブリアス、水ロトム辺りになる。
パーティ全体が遅いと蹂躙されてしまう前2体や、水の一貫性を武器に暴れたり鬼火を撒いてくる水ロトム、それらに睨みを利かせつつ削り他の仕事もでき時には倒せるようなポケモン。
 流れとしては初手リフレクターから展開し、ゴツメダメージを入れて他の圏内へいれる。
削れない非接触技である地震を無効でき、グロウパンチを半減、高速エスパーのためふいうちを誘う、と至れり尽くせり。
当初はガルーラだけを意識したゴツメ採用だったが、ゴツメ+竜波でガブリアスも落とせること、現環境のガブリアスのスカーフ所持率が極めて低いことから対ガブリアスもとても安定した。
水ロトムに関しては完全にタイプ相性で有利をとっているため多く語ることはない。
水耐性は対マリルリでも重要で、太鼓アクジェを耐えつつリフを張り他のポケモンをアクジェ圏外に逃がす動きもできる。

 ガルーラが多い環境でありながら選出率が低い原因はやはりサザンドラ、ギルガルドとセットでいることが多かった影響。初手リフレク展開が安定しない相手には選出しないのが吉だと思われる。

 しんぴのまもりはちょくちょく見るメガフシギバナや威張るが増えた影響でピンポイントで採用。
元々選出機会が少ないためピンポ技の採用もまぁ許せるだろう。
光の壁を採用し、選出機会を増やすことも考えたが基本はトリルで〆る構築のためクレセリアを選出する機会が多いのにラティオスの選出機会を増やしても隙が多くなるだけと考えたため見送った。
別の構築なら両壁もありなはず。

 余談だがこの配分、1.2倍アイテム竜波でガブリアスを倒せる。ありきたりだが1匹は持っておいてもいい配分だとおもう。

488.pngクレセリア
 最強のトリル要員。他にいうことがない。
サマヨールでない理由はオボンを持てること、リフレクターが出来ること、浮いていることが主な理由。

 シーズン1でサマヨールを使っていたときに鬼火いたみわけが便利と感じていたが、トリパでトリルターン中にそんなことをしても活躍しているようにみえて実はリターンが少ないケースが多くなると後から気付いたため、プレイングの面からも採用を見送った。サマヨールにはオボンがないためトゲキッスに削られてすぐ他の圏内に入れられるのもきになる。
 ノーマルが通るためトリル役を任せるにはオボンはほぼ必須。グロパンおんがえし急所、捨て身タックルで倒されては意味がない。

 重力のスペースは正直なところ何が最適かわかっていない。立ち回りの選択肢が増えるひかりのかべでもいいし2回目のトリルをしやすくなるつきのひかりでもいい。(メガバンギラス入りなので少し難しいが)
少しでも択要素を減らせればいいと思い重力を採用しているがサザンガルドに対して初手から打っていけない時点で意味は薄れているような気がする。
一応バンギラスの地震とも相性の良さを見せているが、クレセリアのターンを使ってまでするべきか分からない。

 サイコキネシスはファイアローへのダメージを見て採用。本当はムーンフォースで運ゲを仕掛けていきたかった。

485.pngヒードラン
 耐性お化け。ここまでで誰がどうみてもハッサムを始めとする鋼や、フェアリーが通り過ぎていることから採用。
補完の意味が強いためそこまで選出率は高くないが、選出しないといけないときはよくある。

 ガブガルーラにワンターンキルされることだけは避けたかったため風船での採用。

 1回外すと致命的なため火炎放射、状態異常を使わないパーティだったので採用したかった噴煙もクチートへのダメージがきになったため見送り。
ラスターカノンは一致技だし需要あがったし入れてみたけど使用感はう~ん?といったところ。肝心のフェアリーも
等倍で抑えてくるのがいるのがなんとも。悪くは無いのだが・・・。
大地の力は相手のドランを見ての採用。そのためおのずと最速になる。

 挑発はランドロスのところでも触れた通りピクシーがうざいため採用。ローテの挑発は正直いって嫌いな技だが
仕方が無い。ラティオス同様選出率はそこまで高くないから・・・と仕方なく納得しているところはある。
身代わりをいれたくて仕方が無い。




<感想>
600族5匹、メガ化したときの平均種族値602の脅威の高種族値パーティ。
ニンフィアも特性で実質数値が上がっているようなもので、耐久火力による安定感は保証できる。

しかしながら現環境ではサザン+ガルド+ガルーラとかなりの頻度で戦うのに、それに対する安定策がないのは
やはりレートでは辛い部分もある。ランドロスやニンフィアが1度択を外しても耐え、択を当てれば一撃処理できるためどちらかというと有利な択ではある・・・が択は所詮択でしかない。

後から気付いたのが、このパーティココドラがとても重くラティオスをあわせる以外の処理方法が殆どない。
一応砂ダメージ無効ポケモンが3体いるため何もできずに倒されるということはないのだがトリル展開も難しいし、かなりの痛手を負うことは間違いないためココドラが多い環境だと正直使いたくない。
ガブリアスをいれず高種族値で固めたパーティにありがちな弱点なため、早めに気付くべきだった・・・。



ゴツメ壁ラティオスとニンフィアがとてもつよい参考BV:GPXG-WWWW-WWW5-32TV
ラストターンは月光やアイヘ怯み、地震急所を考えるとラティオスで竜波打つのが正解だった。相打ちですしトリルニンフィアで詰めたほうが確実だった。

おしまい。威張るが減ったらローテ再開します。


この記事を書くに当たってゴローさんの構築紹介記事(http://boubangi.blog28.fc2.com/blog-entry-266.html)の紹介方法をそのまま使用しました。
ニンフィアのドット絵アイコンはこちら(http://www.geocities.jp/jkscr929/doxtuto.html)からお借りしました。
お二方、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あーさん@ 

Author:あーさん@ 
トゲキッスが一番好きです。でもニンフィアばっかり使ってます。使いたいポケモンが見つかったら潜るスタンスで色んなルールやってます。TNもあーさん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。