スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングルバトル】メガサーナイト軸パーティ

シングル久しぶりにやって目標だった2000に無事到達出来たので記念に
single_reto.png
ちょうど100戦目で到達したことに今気付きました。勝率は計算するまでもないですね。
最高レートは2050、最終レートは2002。1970~2030をうろついてました。
<構築紹介>
サーナイトサーナイトナイト控えめ 144(4)-×-86(4)-237(244)-155-152(252) めざ地個体
282-megaevol_0.png
フェアリースキン(トレース)ハイパーボイスサイコショックめざめるパワー地みがわり
ハイパーボイスで154-101ボルトロス確1、191-115輝石ポリゴン2を高乱数2
ハイパーボイス→めざめるパワーで198-127ヒードラン確定
サンダーゴツゴツメット控えめ 197(252)-×-134(232)-160(4)-110-123(20) めざ氷個体
145_0.png
プレッシャーボルトチェンジねっぷうめざめるパワー氷はねやすめ
ねっぷうで177-120メガハッサム確1、181-136ナットレイを10/16で倒せる
マリルリのA+6アクアジェット+天候ダメ確定耐え、その後ゴツメ+ボルチェンで確定(204-102想定)
サザンドラこだわりスカーフ控えめ 167-112-110-194(252)-111(4)-150(252)
635_0.png
ふゆうりゅうせいぐんあくのはどうかえんほうしゃとんぼがえり
あくのはどうで227-150クレセリア確2、167-115メガゲンガーを9/16で倒せる
A222メガハッサムのA+2バレットパンチ確定耐え
ファイアローいのちのたま意地っ張り 153-146(252)-92(4)-×-89-178(252)
663_0.png
はやてのつばさブレイブバードフレアドライブつるぎのまいおいかぜ
ブレイブバードで204-102マリルリを62%~(ゴツメ込みで太鼓オボンマリルリ確定)
無振りメガゲンガー、187-143フシギバナを高乱数1(12/16)
ハッサムラムのみ意地っ張り 175(236)-200(252)-120-×-100-88(20)
212f_0.png
テクニシャンとんぼがえりバレットパンチはたきおとすつるぎのまい
剣舞バレットパンチで無振りメガゲンガー、207-130バンギラス確1
剣舞はたきおとすで167-170シールドギルガルド確1
ガブリアスきあいのタスキ陽気 183-182(252)-116(4)-×-105-169(252)
445f_0.png
さめはだげきりんじしんがんせきふうじステルスロック
みんなしってるガブリアス すごくつよいぞガブリアス


とある生主さんが眼鏡ニンフィアサンダーの組み合わせを使っていて自分も真似して回していたのだが、
必ず出てくるヒードランよりも早く、返り討ちに出来るメガサーナイトを使いたくなったのがきっかけ。

コンセプトはメガサナをとんぼがえり+ボルトチェンジで有利対面を作りながら降臨させて無双。
・・・のはずだったのだが回しているうちにファイアローの追い風から展開することのほうが多くなった。

↓以下個別解説
m17.pngメガサーナイト
 珠ニンフィアより少し強い程度のハイパーボイスを始めとする高火力技をこの素早さから打ち分け出来る性能は頼もしい。
 ニンフィアの超火力による負担はすさまじいが、電気ポケモンを削るために選出しても先にボルトチェンジをされて逆に削られること(後続にハイボが入るのはいいのだが少しくらい削りたい)、回復技を搭載していないのとラキハピほどの耐久ではないので何度もだせないことが気になっていた。
そこで多少火力、耐久を落としても先手で打てるサーナイトに目をつけたわけである。

 技構成について、ハイパーボイスは採用理由なので確定。
エスパー技もニンフィアでは相手のできないフシギバナに打てるので確定。
キネシスもショックも一長一短な気はするがD>>Bのようなポケモンに打てると思ったのでショック採用。
そしてニンフィアとの一番の違いである「ヒードランより早い」ことを活かしめざめるパワー地面を採用。
ニンフィアを使っているときに必ず出てきて鬱陶しかったので返り討ちにするのは爽快。
後述するファイアローサーナイト展開をする場合、めざ地がないとヒードランに弱すぎる選出になるため必須と感じた。
 最後の技の候補は色々あったがクレセドランを1匹で相手出来るようになるみがわりを選択。電磁波を透かせるのでクレセリア対面は完全に有利対面となる。ポリゴン2に関してもトラアタ以外の技だと身代わりを残せるので便利。先発カバルドン対面でもハイボ→ステロ、みがわり→あくびの流れになることもありそうだ。腕白HDオボンならその後倒せる確率のほうが高い。

 ニンフィアになれてしまっていたため火力の著しい低下を懸念して控えめにしたがキノガッサやヒードランを1ターン目に抜けたりガルーラリザードンに同速ワンチャンスを残せる臆病も魅力ではある。
余談ではあるがローテで自分が使っているC156眼鏡ニンフィアとほぼ同じ火力で、そのおかげですぐに火力を把握することができた。
 
 特性は霊獣ボルト、ランターン、サンダース等のボルトチェンジをキャッチ出来たり対威嚇で便利なトレース。
一応ランドロスやライコウ対面でスカーフ択を消してしまうデメリットもあるがメリットのほうが遥かに大きい。

145.pngサンダー
 サーナイトをワンキルしてくるハッサムや、打点のないナットレイに後だし出来るポケモン。

サザンドラの流星群、あくのはどうにマリルリを後だしされて腹太鼓を無償で積まれても削れていなければ後出しから対処できる唯一のポケモンなのでサザンサンダー+α選出していて尚且つ相手にマリルリがいるときは大事にする。
ステロを撒かれている場合は対処不能なので意地でもサザンとマリルリを対面させない立ち回りが必要。

 当初はサーナイトをサポートする意味やガルーラを対面から誤魔化せるか?と思い、めざ氷切りでんじはねサンダーだったがガブリアスに完全に不利を取るポケモンは出したくても出せない、出したくないけど出さないといけない・・・という状況になりやすかったためめざ氷を採用。

Sは準速キリキザン抜き、最速バンギ抜かれ。初手バンギサンダー対面したときに特性順で負けたら竜舞メガバンギの線を第一に考えることが出来る。こちらが早い場合は素直にボルトチェンジで逃げよう。

635.pngサザンドラ
 1850を越えた辺りから急増したゲンガーが憎くて仕方なかったため入れたポケモン。
ギルガルドゲンガーガブリアス等のポケモンを「誤魔化す」程度の性能しかもっていないがたまに活躍はする。
とんぼ以外の技については語ることもないだろう。

 有利対面でとんぼを打つプレイングは勇気がなくあまりできなかった(もちろんサザンも有利で尚且つ後続も完全に受けれる場合は打つ)ため初手で出してゲッコウガと対面、ハッサムにひいて氷タイプになったゲッコウガに圧力をかけて~のような場面でしか使えなかった。
ランドロスはともかくサザンドラの攻撃実数値でのスカーフとんぼはあまり強い気がしていないがコンセプト上あったほうが便利かもしれないと思っていれている。使う人が使えば活躍するのだろうか?
マリルリヒードランに一貫するだいちのちからも検討の余地あり。

663.pngファイアロー
 ゲンガーが憎い、バシャーモも憎い、グロパン積んだガルーラも憎い。そいつらに強そうなポケモン。
サーナイトの苦手な炎4倍組を倒せ、逆にカモである水ロトムを誘えるのもGOOD。
腹太鼓したマリルリを確定で落とすことはできないがステロが入っていたり、悪波にあわせて出てきた場合であれば倒せる。

 と、上記の理由から軽い気持ちで適当に投入され、追い風も活躍するかな?程度で適当に入れたのだがいつの間にかメインの勝ち筋になっていた。

 理想的な展開としてはガブリアスのステロ封じ展開後、ファイアローサーナイト有利な方を死に出しし、
ファイアローを出す場合はブレバで1体持っていった後に追い風で繋ぐor積めそうであれば剣舞全抜きを狙う


意地剣舞珠ファイアローはH振りガルーラも確1圏内という素晴らしい火力。

212.pngハッサム
 構築の最後に入ってきたポケモン。このままだと襷マンムーキノガッサに1:1交換以上のことを
されると思ったのでラムハッサム。完全な対策ではないが無防備というわけではなくなった。
ゴーグルでなくラムなのはゲンガー対面で安全に行動できるかな?と思いラムに。
そもそもラムというアイテムも腐りやすく好きではないのにゴーグルは更にピンポイントなので妥協策。
サザンドラ同様特定のポケモンを「誤魔化す」程度の性能しか持っていないだろう。

 剣舞なのにとんぼがえりなのは後攻で打つことによるサーナイトとのシナジーを考えてのこと。
それに剣舞を積んだ後は回復手段もないためバレットパンチとはたきおとすを撃つビジョンしか浮かばなかった。

サーナイト以外がポリゴン2に強いとはいえないためはたきおとすを当てなければいけない試合もたまにある。

445.pngガブリアス
 ガブリアス。リザードンに勝てそうなポケモンがこいつしか思いつかなかった。ガルーラにも弱くはない。
ステロ岩石封じでサーナイト等のサポートをすることもあるが、普通に襷アタッカーとして運用もしたかったため
逆鱗採用型。シングル専門の人からしたら欲張りと思われるのかな?

岩半減しつつバンギに打点を持てること、選出しない場合にも大事な要素であるボルトチェンジの一貫を防ぐことが出来ること、更に削れたガルーラを倒せることなどやはりこいつ以外には勤まらないポジションだろう。



参考バトルビデオ:NBGW-WWWW-WWW7-CM47
ガブリアスサーナイトファイアロー選出が綺麗に決まった試合。

<感想とか>
 初めに触れた通りこの構築は回しているうちに当初のコンセプトとは別の勝ち筋のほうが強力ということに気付き、想定していた選出・立ち回りとは全く違うことをしていた。(当初ファイアローは抜いた方がいいとさえ思っていた)
初めから追い風アローサナ軸をコンセプトに構築を組んでいった場合他のポケモンが入っている可能性が高い。
そういう意味で全く完成された構築ではない。が、楽しかったし何よりシングル2000達成が嬉しかったので記念に公開した。
ガブやガルーラがごくごく自然に重いことを除けばまあまあ(大問題)このルールのガルーラどうしたらいいんですか?

 余談だが、このパーティを作った5日後に潜ったら5日前に比べ明らかにゲンガーが減ってガルーラが急増していた。当たり運もあったとは思うがシングルの環境の移り変わりの速さを実感できた。(とてもつらい)

サーナイトはエース足りえる性能を持っていたし、ファイアローの追い風もトルネロス同様強力だったので使っていて楽しかった。
本来自分はシングルバトルではサイクル戦が好きで、サンダーやハッサムを選出したときは結構くるくる出来たのも満足。

楽しかったし何より同じくらいのレートの人と当たるのが快適だったのでこれからも引き続きシングルもやっていく予定。
-おわり-
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

あーさん@ 

Author:あーさん@ 
トゲキッスが一番好きです。でもニンフィアばっかり使ってます。使いたいポケモンが見つかったら潜るスタンスで色んなルールやってます。TNもあーさん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。