FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルで使いやすいがローテで使いづらい特性

大前提:ローテでは、登場時に発動する特性は前衛に出さないと発動しない。(あめふらし、いかく、ダウンロードなどなど)

■いかく
上記の大前提の仕様によりいかくは1体目、4体目に選出することになるが
・相手の1体目が特殊orサポート特化ポケモン だと不発。
・1体目が倒されると強制的に4体目が出るため狙いのポケモンに入れづらい という弱点がある。
万が一もあるので相手に威嚇かも知れないポケモンがいるときは1体目に物理ポケを選出するのはやめておくべき。


■かげふみ ありじごく じりょく
交代そのものの回数が少ないローテではこの特性が持つ利点はあまりにも薄い。
更に前衛にいるときにしか発動しないので相当ピンポイントな特性となっている。


■しぜんかいふく さいせいりょく
交代により効果を発揮する特性です。が、シングルと違って交代すると相手に1ターンあげてしまう。
1/3回復や状態異常回復はおいしいのですがそのメリットよりも相手に1ターンあげるデメリットが
大きくなるケースが多いので扱いづらい特性となっている。
しぜんかいふくに関しては「いやしのすず」「しんぴのまもり」がメジャーな技であることも拍車をかけている。


■きゅうばん
シングルでは積み技、身代わり対策の「ほえる」「ふきとばし」等が搭載されることがままあり、
吹き飛ばされずに積めるという利点がある特性だが、ローテでは積み身代わり対策には
それらの技を使うことはほぼない。なので相対的に価値が下がっている特性。
それらの技が使われるような環境になれば使えるかもしれないがおそらくそんな環境はこない(多分


■トレース
トレースできた特性しだいで特定の相手を詰ませることも可能な強力な特性。
ローテ炎代表格のシャンデラヒードランいたずらごころなおっさんがターゲットとなるが、相手からすると
絶対に渡したくないので警戒して1体目に入れることはまずない。
なので使い方とすれば4体目において狙いの相手が前衛にいるときに交代する、という戦術になるが
1ターンをあげる、前3体の立ち回りがシビアになる(先に1匹でも倒されると失敗)、成功=勝ちじゃない割に
狙うのが難しい等の欠点が。上手く使えれば強力なのはかわりないので狙う方はご自由に。






シングルとローテでの使い勝手に大きく差がある特性をいくつか載せました。
この特性はどうなの?っていう質問は答えますが、シングルであまりみない特性はやめてほしいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あーさん@ 

Author:あーさん@ 
トゲキッスが一番好きです。でもニンフィアばっかり使ってます。使いたいポケモンが見つかったら潜るスタンスで色んなルールやってます。TNもあーさん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。